球磨川 川辺川 鮎釣ってみんね!

球磨川 川辺川 徹底攻略 鮎釣ってみんね!の情報提供用ブログです。球磨川・川辺川における鮎やヤマメの放流情報(球磨川漁協)や釣果情報、釣り場(ポイント)、仕掛け、ライブカメラと水位情報の同時表示等公開 主対応河川:球磨川、川辺川、万江川、胸川、五木小川 梶原川、免田川、宮ヶ野川、湯山川 番外編:一ツ瀬川、玉島川、厳木川、嘉瀬川、佐々川、全国の海

つぶやきとか

球磨川 中川原公園 周辺に鮎やな場

人吉市内中川原公園周辺に鮎やな場を球磨川漁協が設置するようです。

人吉新聞7月23日に載ってました。

以下、内容です。

 

「球磨川に「アユやな場」」 10月から中川原周辺 観光客の増加へ期待 球磨川漁協

 人吉市内の球磨川に、球磨川漁協(小早川宗一組合長)が事業主体となって観光を目的とするアユを捕るための大型の「やな場」を設置する準備を進めている。
 やな場は、秋に産卵のために川を下る落ちアユを捕るための仕掛け。同漁協によると、4月の熊本地震によって県内の観光が大打撃を受け、観光が疲弊した状態となっているため、その起爆剤になればと設置を計画したという。
 3月下旬の同組合通常総代会で新役員が決定後、5月の理事会で「やな場」を設置することを全会一致で決めた。今月14日に関係団体が集まって第1回委員会を開催し、その中で「球磨川観光鮎やな場設置委員会」を立ち上げた。
 計画では、同市の大橋下流右岸の中川原周辺近くに「やな場」を設置する。やなは5㌢~8㌢の丸竹150本を組み上げた横8㍍、縦6㍍の大きさ。鉄骨構造の丸竹組みとし、重さは872㌔。出水時には12㌧クレーンを使ってつり上げ移動できるようにする。事業費は資材代など約200万円で、設置作業は同組合が行う。
 設置期間は、ことし10月1日から11月下旬までの約2カ月間。観光客や家族、子ども連れの郡市民に入場無料で捕ってもらい、アユは中川原公園内に設置する食事処で塩焼きにして有料で食べてもらう計画。
続きは人吉新聞ホームページでどうぞ

 

事業費200万で足りるのかは疑問ですが観光の目玉になれば良いですね。
期間も10月からの落ち鮎シーズンですし友釣りにはさほど影響は無いでしょう。
心配なのは12tクレーンで引き上げても中川原浸かったら被害拡大するような気が・・・・
やな場で鮎が取れれば良いですけど獲れなかったら笑えないですよね
というか、万江川にもやな場が設置してあった時が有るけど二の舞踏まなければ良いですね。去年か一昨年か忘れたけど大破してたような・・・

地域の活性化に繋がる事を祈りましょう。
マイナスイメージになるような失態が無ければいいですね。

 

関係してる団体は以下のようです。
国土交通省八代河川国道事務所、球磨地域振興局、人吉市役所、人吉商工会議所、人吉温泉旅館組合、人吉温泉観光協会

中川原公園 人吉市HPより

中川原公園 人吉市HPより

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

-つぶやきとか
-,