球磨川 川辺川 鮎釣ってみんね!

球磨川 川辺川 徹底攻略 鮎釣ってみんね!の情報提供用ブログです。球磨川・川辺川における鮎やヤマメの放流情報(球磨川漁協)や釣果情報、釣り場(ポイント)、仕掛け、ライブカメラと水位情報の同時表示等公開 主対応河川:球磨川、川辺川、万江川、胸川、五木小川 梶原川、免田川、宮ヶ野川、湯山川 番外編:一ツ瀬川、玉島川、厳木川、嘉瀬川、佐々川、全国の海

つぶやきとか

鮎釣りでのアーマードシリーズについて考察してみる。

2017/12/20

今回はDUELから出ているArmoredについて考察してみたいと思います。

正直、訳分からずに使ってる人も居たりすると思いますので出来るだけ分かり易く考察してみます。

Armoredシリーズについての考察

Armoredと言う名前になる前は「SUPER PE MONO SUPER SMOOTH」と言う名前でエギング用で導入されたのが始まりです。カラーはオレンジからだったかな?

 

コンセプトは「PEの飛距離、強度、直径をそのままにナイロンの使い心地を実現」だったと思います。

出た当時は凄く意見が分かれるラインで「感度最高!トラブルレス!以外に飛ぶ!」と言う意見が有ると思えば「毛羽立ちが酷い、飛距離微妙」と言う意見も有りました。これは、当時PEの4本撚りを使ってる人は高評価で8本撚りを使ってる人が低評価と言う感じに分かれるのかなぁと思ってました。

かなり安い製品でしたのでコスパは最高でした。ただ、交換頻度はPEよりも高かったので毎日アングラーには逆に高コストだったかもしれません。

当時の商品画像が有ったので載せておきます。

SUPER PE MONO SUPER SMOOTH

SUPER PE MONO SUPER SMOOTH

鮎釣り用と考えた時のArmoredとは

私自身鮎釣りに導入したのはSUPER SMOOTHとして発売された時からです。

当初は天井糸として導入しました。当時の使い方は以下のようになります。
天井:SUPER SMOOTH
水中:複合メタル
ハナカン周り:フロロ

その年の鮎釣り終盤で複合メタルをバチバチ切られたことが有り天井糸から水中糸までSUPER SMOOTHを通し掛けで現地作成したのがきっかけで水中糸としても使うようになりました。

月日が経ち、Armoredと名前を変えてリニューアルされた頃には概ね4パターンの使用方法で鮎釣りに使ってましたがパターンは①か③が多かったです。(現在も)

①天井糸としての使用:感度重視の際に使用。

②水中糸としての使用:コスパ重視かつ感度が欲しい時。

③中空糸としての使用:メタル系をケチった時。

④天井から水中糸としての使用:仕掛け造りがめんどくさい時。

どんな分け方やねん!と言われるかもしれませんが、正直に書いた結果です。

詳しく書けばそれなりの理由は有りますが、Armoredはコスパが良いのとPEをフロロみたいに使える事が特徴なので上記が最善策だと思ってます。

 

Armoredの立ち位置

鮎釣りで使用されるライン別に書き出していきます。

         
収縮性(伸び) ナイロン フロロ Armored PE 複合メタル メタル
直進性(感度) メタル 複合メタル PE Armored フロロ ナイロン
摩擦性(耐久) フロロ ナイロン Armored PE 複合メタル メタル
価格(コスパ) ナイロン フロロ Armored PE 複合メタル メタル

※鮎釣ってみんね的分け方です。大体こんな感じかな?って位に見てください(*_*;
※一応、メタルと複合メタルは分けました。ナイロン、フロロも分けました。
※ナイロン・フロロ系と複合メタル・メタル系は製品により差が有るので正直何とも言えない部分も有ります。

概ねArmoredは中間と言った所だと思います。PEもコーティングにより大分摩擦に強い物が出てきてますので最近は良い物も多いです。

結局の所、感度はメタルに負けるけど擦れに強いから使用してる感じの方が多いのではないでしょうか。

一部、信者的に使ってる人も居るようですが・・・

状況に合わせた釣り方を選択するのが一番です。

例えば、メタル系だと石が尖っており切れやすい場所だけど感度が欲しい時はArmoredが大活躍です。

逆に丸石や砂利等の場所はメタル系の方が良いでしょう。

泳がせ重視ならナイロンやフロロの方が扱いやすいでしょう。

Armoredを買うならどれを買う?

鮎用のArmoredも販売されていますが、コスパ的には超悪い(*_*;

正直に言いますが、一番良いのは「Armored® F+ Pro150/200m」だと思います。

安いタイプの「ARMORED® F」でも十分です。

号数は?とよく聞かれますが、0.4号、0.6号、0.8号を初期、中期、終期で使い分けてます。

終盤でも0.4を使ったりもしますが鮎のサイズに合わせるのと天井に使うのか中空に使うのか水中に使うのかでも分かれます。

使用号数を表記すると

水中糸:0.4号、0.6号、0.8号
中空糸:0.6号
天井糸:0.8号

上記で使用している場合が多いです。

Armored F+ Pro

Armored F+ Pro

DUELホームページより

Armoredの結束方法は?

私の場合ですが、SFノット、FGノットをメインで使用してます。

エギングやジギング等をする方はわかると思いますが、分からない方は釣具屋さんで教えてもらって下さい。

youtubeにも動画載ってますが実際に見た方が分かり易いと思います。

無理って方はフィッシャーマンズノット(電車結び)でも十分強度は出ます。

Armoredは瞬間接着剤での結束が良く案内されていますが、瞬間接着剤の種類によっては接合部分が剥げてきて結束不良になる場合が結構あるのでお勧めしません。

 

まとめ

つい最近鮎談義してて、Armoredってどう?という話題になったので今回書いてみました。

正直に言うと、鮎専用はコスパ悪いのと必要性を感じないのであまり要らない気がします(*_*;
DUELさんごめんなさい。m(_ _)m 24mで2000円は高いよ!メタル買うよ!

Armoredだけを使ってても釣果は伸びないので状況に合わせて使うのが一番です。

鮎釣り苦手だなーって人や初心者の方はいきなりArmored使うよりナイロン・フロロ系で練習してからArmoredやメタル系を使う事をお勧めします。

 

 

 

 

ご覧のスポンサーがお送りいたします。

-つぶやきとか
-, ,